基本政策

  • HOME »
  • 基本政策

【基本理念】

私は幼少の頃からボーイスカウト活動に携わり、奉仕と助けあいの精神を身につけてきました。

「ひたすら競争し、勝ち残った者が正しい」という考え方や、何かをスケープゴートにして叩きやすいところをたたくという社会のあり方は、社会を疲弊させ、日本人が本来大切にしている精神を破壊してしまいます。

私はお互いに尊重しあい、少しずつ譲り合い、結果として社会全体の底上げが図られる共生社会の実現を目指しています。

また情報公開を進めることでわかりやすい政治を実現し、特に高齢者福祉・子育て支援・教育・政治改革に重点を置き、皆さまと共に力をあわせて本当に暮らしにプラスになる改革を進めていきます。

どうか私にお力をかしてください。よろしくお願いします。

【いばらき基本政策】

 page-policy

『幸せ度日本一のいばらきへ!』

私は「市民の暮らしをプラスにする改革」こそが本物の改革であると考えています。
しかしここ10年近く大阪で行われてきた改革は、ただただ「削減」の一言に尽きます。
経済が低迷し毎月の収入があがらない中で、行政サービスだけを削っていては足元の生活がおぼつきません。
私たちは安心して暮らすために高い税金を払っているのですから、まず日々の生活に対する施策を優先し、その上でお願いすべきところはお願いする、というのが物事の順序ではないでしょうか。

私は「暮らしを第一に考える政治家」になりたいと強く想っています。

教育レベルの高さを活かして「いばらきと言えば教育・子育て」と言われるような都市のブランディング』を進めます。

地域内を細かく走るコミュニティバスオンデマンドタクシーなど、超高齢社会対策と少子化対策を兼ねた新交通網の整備を推進します。

バスの利便性向上に全力で取り組みます。

JR・阪急の駅前西口に、一般車が車寄せできるスペースの設置を進めます。

茨木市北部からJR総持寺駅(新)・高槻駅方面への直通バス路線の新設を推進します。

公共施設付属の駐車場料金の無料化に取り組みます。

渋滞多発地域にバイパスを設置するなど交通網を再整備し、西河原西交差点の工事を進め、駅前や171号線をはじめとする渋滞を解消に取り組みます。

豊富な森林や自然資源・文化遺産を活かした、持続可能ないばらき独自のまちづくりを推進します。藻谷浩介氏が提唱する「里山資本主義」を参考にした新しいまちづくりに挑戦します。

駅や市街中心地に安くて24時間出し入れできる自動2輪、原付駐輪場を増設します。

 

『福祉こそ経済活性化のコア、全世代の暮らしを支える!』

福祉は高齢者施策のみならず、教育施策や子育て支援、そして障がいを持った方の支援も福祉の一環です。
いま、国は医療・介護(特に高齢者の)をひたすら削減しています。しかしこれらのサービスは、受けるご本人のみならず、ご家族の暮らしも同時に支えています。
私は政治が福祉の責任をしっかり果たしてこそ、若者や女性の社会進出を可能にし、安心して働き続けることができ、未来に希望を持てる社会が実現すると考えています。

私は、特に介護保険から切り離された要支援サービスの充実と子育て支援、教育政策に注意を払いながら、『創造的福祉社会』の実現を目指します。

待機児童問題解消に加え、幼稚園、保育所、認定こども園等の幼児教育の無償化をすすめます。

中学生のワンコイン医療、小学校で作ってデリバリーする、温かくて美味しい学校給食の普及を推進します。

通学路の安全対策(防犯カメラ設置、街灯増設等)をすすめます。

介護事業(要支援1、2)の『質と供給量を確保』し、安心して住み続けられる街づくりを推進します。

すべての人々が安心して暮らせる、人権尊重のまちづくりを進めます。

障がい者基本条例を制定し、障がいのある人でも地域で安心して暮らせる生活・就労支援に取り組みます。

 

『政治家の不正を一網打尽に!』

最後に「政治とカネ」の問題です。
兵庫県議会に端を発した一連の政務活動費の不正受給問題は、全国的に深刻な問題となっています。市民が真面目にコツコツ働き日々の暮らしを送っている中で、政治家こそまずしっかりと身を正さなければいけないと思います。
「政務活動費を廃止!」と叫んでいる人もいますが、議員バッジをつけるや否や費消に走る人にはあまり感心できません。

私は、政治改革を積極的に進め、市民の皆さまにもう一度信用していただけるクリーンで透明化された政治の実現を目指し、改革ができるまで、政務活動費全額を返上することを誓ってその覚悟を示します。

全国に先駆けて政務活動費の後払い制度など『全面改革』を進めます。

上記改革が達成できるまで、私は政務活動費『全額を返上』します。

企業会計に準じた「新公会計制度」を導入、官庁会計を透明化します。

議員の定年制を導入し、議会にあたらしい風を呼び込みます。

市議会議員選挙と市長選挙と一緒に行い、選挙による税金のムダづかい」を削減、浮いた数億円を教育や社会保障に回します。

議会でのやり取りがリアルタイムで市民に伝わり、市民の声が議会に反映される、「開かれた議会」の実現を目指します。

活動報告カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGETOP
Copyright © いなばみちのぶ公式WEBサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.