【すごいぞ茨木市立太田小学校】

医療的ケアの必要な子どもたちがいらっしゃいます。
その子たちが学校に通えるようになるためにはどんなバリアフリー環境が必要なのか、茨木市内でも進んでいると言われる太田小学校を見学に行って参りました。

通常、スロープというと車椅子が通れるよりも少し広めのスロープをイメージするのですが、太田小学校では全面スロープ!
渡り廊下も全面!
びっくりしました。
また車椅子のまま手が洗えるような洗面台や広い多目的トイレ、介助員さんもついて頂いてプールにも入れるとか✨

エレベーターも広めのものが設置されており、そうした子どもたちが使う教室の入り口、トイレの入り口も全てバリアフリー化されていました。

ここまでするには相当の年月が必要だったと思うし、何より太田小学校に通っていた医療的ケアが必要な先輩児童とその保護者の方々の並々ならぬ努力があったと思います。また学校としても茨木市としても、そういったお声に真摯に向き合ったことによる結晶だと感じました。

昨今は高齢者の方々もいろんなイベントで学校を利用する、また災害時の避難場所になることを思うと、バリアフリー化は単に医療的ケアが必要な子どもさんのみならず、高齢者の方々のご利用にも貢献するのではないでしょうか。

これを機に、茨木市の各学校にも必要に応じてこうした施設等がしっかりと整備されていくことを望みます。

9a33febe5a9ee0e2434d